髪

椿油でできた育毛剤

日本人が1000年以上も昔から使用してきた天然の美髪成分といえば、「椿油」がまず思い浮かびます。
椿油はその名の通り椿の種子から抽出される植物性油脂のことで、空気に触れても酸化されにくい「オレイン酸」を多く含んでおり、オレイン酸は人肌にも使用できるほどよくなじみます。
油ということで保湿力に優れているのが特徴で、髪にツヤを出し、保湿します。

秋や冬など乾燥しやすい季節は特に、髪と頭皮を乾燥から保護してみずみずしく保ちます。
人の体内にある油分も、このオレイン酸が最も多く含まれていると言われており、椿油といかに相性が良いかが分かりますね。
椿油を使ったヘアケア製品は非常に多く、有名な育毛シャンプーやヘアエッセンス以外にも「育毛剤」が販売されています。

椿油のシャンプーやオイルはあるけれど育毛剤はあまり聞いたことがない、という人もいるかもしれませんが、女性用育毛剤のなかには椿油が含まれているものがあります。
人間の頭皮と毛根には、少なからず皮脂が溜まっています。
どんなにきれいに洗っても老廃物は常に出続けるので、それが毛穴に詰まってしまうと皮膚呼吸が出来なくなり、結果として毛髪の成長が上手くいかなくなってしまいます。

皮脂は放っておくと固まり、頭皮にへばりついて固くなります。
もちろんブラッシングをしたり、入浴で温めるなどすれば取り除くことは可能ですが、椿油で常に髪の毛と頭皮を潤わせておけば皮脂は比較的容易に取り除かれます。
また、育毛剤の中に栄養成分が含まれていれば、シャンプー後のきれいな毛穴に栄養分が行き届き、育毛に適した環境作りができます。

椿油はもともとトリートメントとしての効果を持っていますから、乾燥肌な方やヘアケアがちょっと面倒くさい時にも、椿油入りの育毛剤は非常に効果的です。
一般的に、育毛をする時は頭皮よりもまず髪の方を大事にしようと思い込んでしまうものですが、本当に肝心なのは髪を育てる土壌なのです。