髪

育毛剤のトラブル

育毛剤を使い続けていて怖いことといえば、頭皮トラブルが起こることです。
基本的にシャンプーの後育毛剤を塗布したら、次のシャンプーまではつけっぱなしになります。
育毛のためとはいえ、人工的に作られた液体を頭皮に乗せ続けていたら危険ではないのか?と疑問に思うかもしれません。

実際に起こりやすい頭皮トラブルとしては、頭皮のかゆみ、かぶれ、炎症、赤く腫れるなどが一般的です。
それ以上進んでただれるような事はありませんが、かぶれが出た時点で使用を止め、きれいに頭皮を洗い流して医師に診ていただくことをおすすめします。
敏感肌の方はもちろんですが、たまに乾燥肌の方もこうした皮膚トラブルを起こす場合があります。

どちらも、肌に育毛剤の成分が何かしら合っておらず、ヒリヒリしたりかゆくなったりしてしまうというわけです。
血行促進タイプの育毛剤はまれに唐辛子成分を添加している場合もありますから、ヒリヒリするのはむしろ必然的なのです。
どんな育毛剤をつけても赤くなるという方は無添加タイプや弱酸性、低刺激タイプの製品を選ぶ必要があります。

もしも炎症がひどくなると、今度は本格的に皮膚炎となってしまいます。
軽めの炎症とは違って頭皮から膿や血が出てきたりしてより治りにくくなり、脱毛が起こる可能性もあります。
せっかく育毛剤を信頼して使っていたのに、脱毛が起こっては元も子もありません…。

もしもそうしたトラブルに出くわしたら、先ほども書いたとおり使用を中止、医院を受診するようにします。
メーカーへ問い合わせして確認する、こんなトラブルがあったと報告してもOKです。
メーカーとしては、臨床試験を繰り返しても得られなかった貴重なトラブル例ですので、真摯に対応してくれることでしょう。

返金保証があればそちらを利用しても良いですし、連絡を入れた時点でメーカーから謝罪をいただける場合もあります。
ただ一つ、注意点として「クレーム」を入れすぎないようにしましょう。
参考までに育毛剤の副作用についてもご覧ください。