髪

飲む育毛剤プロペシア

プロペシアは飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)経口治療薬で、「フィナステリド」という成分と主成分としています。
フィナステリドは男性ホルモン"テストステロン"がヘアサイクルや皮脂分泌サイクルを乱す原因となる"ジヒドロテストステロン"へと変換されるのを阻害する効果があるとされます。
脱毛のほかにも前立腺肥大症など、男性特有のトラブルにも効き目を発揮してくれる成分です。

プロペシアはこのフィナステリドを世界ではじめて経口治療薬にしたもので、日本はもちろん世界中の医療機関で使用されている信頼性の高い薬です。
実際にAGA専門の医療機関を受診すると、男性ホルモンからくる脱毛と診断された場合はプロペシアが処方されます。
プロペシアの服用は大体1ヶ月に1万円前後~15000円くらいと言われることがありますが、これを高価とみるか妥当とみるかは人それぞれです。

市販の育毛剤はすべて血行促進や頭皮への栄養補給をうたっていますが、本当に宣伝通りに効くかどうかは育毛剤と自分の体質との相性や育毛剤の使い方。
あるいは生活習慣などさまざまな条件が揃わなければなりません。
しかし、プロペシアは男性ホルモンに直接作用してジヒドロテストステロンを抑制してくれます。

つまり、男性ホルモンを持っている男性なら誰もが男性型脱毛症の治療を効率的に行えるというわけです。
プロペシアの副作用としては胃部不快感や性欲減退などが挙げられるそうですが、発症する確率自体は低いです。
もしも何か心配があれば医師にしっかりと事前説明を受けたうえで服用すると良いと思います。

また、プロペシア以外にもフィナステリドを使ったジェネリック医薬品が数種類存在しており、エフペシア、フィンペシア、フィナバルドなどが代表的な銘柄になります。
いずれもプロペシアよりもずっと格安で購入することができますので、お試し感覚にジェネリック薬から利用してみるもよし、じっくり育毛に取り組むために購入するのも良いですね。