髪

育毛剤の使用期間

育毛剤を使い始めたら、1年は頑張って続けるようにとアドバイスを受けることがあります。
しかし1年という「縛り」があるわけではなく、人によって発毛のタイミングもさまざま。
個人の体質や育毛剤との相性の問題によっても、使用期間は異なります。

まず大前提として、育毛剤には即効性がありません。
医薬品という肩書を持ってはいますが、つけたら一瞬で毛がフサフサになる魔法のような薬ではないということです。
絶対に生やすぞ、と意気込んで使用しても、思った以上に時間がかかることもあれば、正しい使用法で比較的早めに発毛する方もいらっしゃいます。

育毛剤を正しく使うには、まずは頭皮を清潔に保ち生活習慣を整えることも大切です。
外用薬だけでは十分ではないということもあらかじめ知っておく必要があるでしょう。
育毛剤はふつう、最低でも3ヶ月~半年間くらいは継続的に使用しなければならないと言われています。

先を急ぐ人の中には、効果が出なくなるとすぐ放り出して次の育毛剤へと移る方がいますが、育毛剤の効果が出ない原因も必ずあるはずです。
男性ホルモンが原因しているのか、強いストレスにさらされる生活なのか、というように原因を正しく分析します。
一定期間使用を続けながら育毛剤との相性をじっくり考えてみる必要があります。

通常育毛剤の使用から2、3ヶ月くらいまでは、抜け毛の量もほとんど変わらず「本当に効いてるの?」と疑いたくなるようなケースがほとんどであると言われます。
つまり、効果が出ないのは誰もが同じというわけです。
そこで半年から1年くらい使用を続け、ようやく育毛に成功のきざしが見え始めます。

ある程度の根気強さも育毛には大切な要素です。
育毛剤とAGAの薬の併用や、あるいは育毛サプリメントの併用など、手持ちの育毛グッズの組み合わせはさらなる相乗効果が期待できます。
少なくとも半年から1年の間はそうした育毛に費やす「育毛期間」にするとよいでしょう。
また育毛剤を効果的にするための育毛シャンプーも検討してみるとよいでしょう。