髪

ジェネリック育毛剤

育毛剤と一口に言っても、ローションタイプ、スプレータイプ、あるいは外用薬か内服薬か、男性用か女性用かとさまざまなタイプが存在しています。
今もっとも流行りの育毛剤といえば、飲む育毛剤として「プロペシア」が有名ですが、プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果があるものとして薄毛専門クリニックでも正式に処方されている内服薬です。
しかしながらプロペシアは高額で、長く続けるにはコストがかかりすぎるという声もあります。

そこで、プロペシアと成分も製造方法も同じで、かつ安価に手に入れられるジェネリック育毛剤を今回は紹介したいと思います。
プロペシアのジェネリック薬には「フィンペシア」「プロスカー」などがあります。
特にフィンペシアは日本でもっとも認知度が高いジェネリック医薬品です。

プロペシアと同じ「フィナステリド」という成分を1mg含んでおり、日本では特許の関係上個人輸入に頼るしか入手方法がありません。
個人輸入を行っているお店は複数ありますので、無くなりそうになったらいつでも気軽に手に入れることができます。
フィンペシアの価格帯としては、300錠でおよそ6000円前後と考えてよいと思います。

正規薬品のプロペシアは安いドラッグストアでもわずか28錠で5900円ですので、いかにフィンペシアがお得であるかが分かるのではないでしょうか。
このようにジェネリック育毛剤は安価に手に入れられるので、少しでもお得に育毛を続けたい、もしくはできるだけ長く育毛に取り組みたい方におすすめです。
普段の生活の中で、特に育毛剤を塗布する必要性もなく服用するだけでOKですので、その気軽さも魅力の一つです。

プロペシアは医師を通しての処方が必ず必要になりますが、フィンペシアは個人輸入で購入するだけで手に入ります。
既にAGAと診断されている方なら問題なくフィンペシアを使用できます。
ただ安いだけでなく、診察いらずで気軽に購入できるところも魅力的ですね。