髪

馬油でできた育毛剤

ドラッグストアやスーパー、インターネット上などには日々多くの育毛剤が並んでいます。頻繁に広告を目にするものの中に「馬油」を使った育毛剤がありますが、馬油とはどんなものなのでしょうか?
馬油は馬、特にポニーなどの脂肪分から抽出された油のことです。馬油に含まれるセラミドは人間の肌と相性が良く、角質層までしっかり浸透してうるおいを守ってれます。
昔から乾燥対策や切り傷、火傷などの傷の上に塗るものとして愛用されてきました。完全な自然物ですので、口に入っても安心とのことです。

皮膚に良い油ということですので、もちろん頭皮にも良いものと考えることができます。馬油は強力な浸透力を持っています。
育毛剤の中に含まれるビタミンなどの栄養分が馬油の力を借りて毛根部分までのびていき、発毛を促進するというわけです。
人間の身体に優しく、特に副作用などもないため育毛剤に添加するにはぴったりの成分といえるでしょう。

通常、馬油を触るとなんとなくべとべととした感覚があります。しかし、これを肌につけるとさらりと浸透するため、べとつきが気になりません。
それどころか皮膚の上に油膜を張って皮膚に対して抗酸化作用を発揮してくれます。

馬油のメリットはほかにもあります。皮膚を保護するということは、熱を逃がさず温めるということでもあるので、血行が良くなるはたらきを持っています。
また、火傷の薬として使われてきた実績からも分かるように「消炎効果」に実力を発揮します。そのため、なにかとトラブルの起きやすい頭皮にも安心してつけられます。

普段育毛剤を使っていて、肌が荒れやすかったり抜け毛などのトラブルが起こるという方は、是非馬油を使ってみてください。もちろん馬油を配合した育毛剤ならもっと効率的です。
シリコンなど人工的に髪の毛にツヤを出すものではなく、自然のオイルの力で無理なく髪と頭皮に潤いを与え、抜け毛や乾燥肌、炎症などさまざまなトラブルにも効果を発揮してくれますよ。